梅雨の洗濯物

2015.07.08 Wednesday

0

    梅雨時期になると、毎年考えてしまう「洗濯」。
    梅雨は日本の風土にとってとっても大事なものだとは思うけど…
    洗濯物が乾かない!というのは毎年のことながら悩みの種でもあります。

    特にわが家の場合、野良着もあるので洗濯物の量が半端じゃない。
    梅雨時期になると、この時期だけでも乾燥機があるといいのになぁ…なんて思ってしまいます。

    いつものように土間を掃除していたときのこと。
    ふと目の前が目に入って「冬になるまではしばらく使わないな」なんて考えていたのですが、
    薪ストーブは空気を乾燥させるというのを思い出して、「これでもしかして洗濯物が乾くかも?」と思い
    さっそく火をくべてみました。

    昨日から全然乾かずそのままの状態だった洗濯物を薪ストーブの前に吊るし、しばらく放っておくことにしました。
    少しでも乾けばうれしいな、と思っていたら、なんと!タオルもばりばりになるほど良く乾いていて、びっくり。

    こんな蒸し暑い時期にストーブを焚くと大変なんじゃないかと思われるかもしれませんが、
    風の通り道を作ってあげれば部屋に熱気もこもらず快適。

    燃料は裏山や地元の間伐材。気付いていないだけで、実は足元にあるものでいろいろできるし豊かなんだ。
    こんな小さい出来事だけど、それを再確認できた日でした。




     
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL