畑の様子

2013.05.27 Monday

0
     田植えの準備に支柱立て、除草に種まきにマルチ…。めまぐるしく毎日が過ぎて行く今日この頃。田植えと果菜類の定植が終わるまではしばらくばたばたしそうです。生き物相手だもの、野菜たちの成長は待った無しですね。


    地元のお米、マキタコシ。低温続きで発芽がかなり遅れてしまいましたが、無事に芽が出ました。

    田植えの日まで無事に育ちますように。

    年々土が良くなって来ているからか、病気も虫食いもなく健康そのもの!といった様子の小松菜。
    野菜は土の結果なのですね。

    チマサンチュ。きれいな赤が畑に映えます。

    一番花のついたピーマンの苗。そろそろ定植のサイン。

    冬に何度も霜に浮かされ、半分以下の量に減ってしまった玉ねぎたち。
    残った玉ねぎは順調に育っています。収穫は来月。

    種取り用のにんじん。もうすぐ花が咲きそうです。

    大根の花。

    大根のさや(種になる部分)。これが食べられるというのは最近初めて知りました。食べてみるとさくさくした食感でほろ苦く、大根の辛みもあります。炒めものに入れても、ピクルスにしてもおいしく頂けます。

    去年までは雑草としてしか見ていなかったイタドリ。最近野草や山菜について学ぶ機会があり、それまでの見方がずいぶんと変わりました。昔の人は野菜のない端境期でも、きっと上手に野草や山菜を生かして暮らしてきたに違いない。足元にある資源を見直すって大切ですね。

    5月なのに各地で30℃を越え、すでに夏のような陽気。次の世代に環境をきちんとつないで行けるんだろうか。観測史上初なんていう言葉、ここ数年で何回聞いたでしょうか。地元のおじいちゃんおばあちゃんからも「こんなおかしい天気は初めてだ」というような話を度々耳にします。

    年々作物を育てるのが難しくなっている。うちだけでなく、各地の農家さんも相当苦労されているようです。植物が育つのが難しいということはつまり、人にとっても生き物にとっても生きづらい環境になってきているということ。

    ここ5年でもかなり気候が変わってきているというのは実感としてあります。寒すぎるし、暑すぎる。年々春らしい、秋らしいと感じる日が少なくなってきているのではないか。干ばつ、集中豪雨のニュースも頻繁に目にします。こんなに世界各地で気候が異常だというのに、それでもスーパーに行けば食べ物が溢れんばかりに並べられています。「これっておかしくない?」という疑問の目を持って、食べ物の背景を知る事はとてもとても大事な事だと思うのです。

    ここで、南米エクアドルに伝わる小さなハチドリの物語をちょっとご紹介。

    山火事でほかの大きな動物たちが我先にと逃げ出す中、たった一羽でその小さなくちばしで水滴を運んでは消火活動に励むハチドリのクリキンディ。「そんなことをして何になる?」と笑う動物たちにクリキンディはこう返事をしました。「私は、私にできることをしているだけ」。
    (ナマケモノ倶楽部HPhttp://www.sloth.gr.jp/より)

    異常気象に原発にTPP。どれをとっても私たちの食と深く関係しています。日本の食は本当にどうなるのだろう…

    不安にばかり思っていても何も変わらない。私は私にできることを淡々と。

    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL