畑の様子

2012.08.26 Sunday

0
    まだまだ暑い日が続いています。
    でも最近は日も短くなって、鈴虫の声も聞かれるようになりました。暦の上ではもう秋ですものね。

    久々に畑の様子をご紹介。

    やっと出たにんじんの芽。雨が降らないので発芽はちらほら。
    がんばって大きくなってほしいです。

    大豆とあずきを守るかかしくん。ママさんサークルのお母さん達が作ってくれたものです。
    おかげでカラスに狙われることなく、順調に育っています。

    除草が終わったさつまいも。3日がかりでなんとか草取り終了!夏の草取りは本当にきつい…。
    あとは秋の収穫を待つばかり。

    種取り用きゅうり。ながたに農園で種取りを続けている「バテシラズ」(本当に暑さに強い!)というきゅうりです。これで5代目。種を採り続けることで、野菜も次第にその土地に合ってきます。種採りを続けることも、農園として大事にしていきたいことのひとつです。


    ちょっとわかりづらいですが、こちらはししとうと枝豆が交互に植えられている畝。緑肥の効果か、ししとうの葉の色がとても良いです。枝豆もそろそろ収穫時期。

    ししとうの花。

    ようやく実を付け始めたナス。春の寒さで定植がずれ込み、ここまで来るのにかなりかかってしまいました。でもじーっくり育ったおかげで甘くて味が濃い!


    赤オクラ。緑のものより若干甘みがあります。茹でると緑になってしまうので、生のままスライスして冷や奴っこやサラダに散らすときれい。

    こちらはシカクマメの花。この淡いブルーの色が大好きです。


    それにしても雨が降らない!ちょっとでも降ってくれたら…。土もカラカラ、野菜たちにも元気がありません。でも、降ったと思えばバケツをひっくり返したような大雨だったり。うーん、この極端な気候、今後も続きそうです。

    これからますます影響が大きくなっていくと思われる異常気象。「観測史上初」なんて言葉も最近では珍しくなくなってきています。

    異常気象に負けないためにも、しっかりした土作りと工夫がこれからもっともっと必要になってくるでしょう。農園の今後の課題です。



    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL