はるいろ

2012.04.06 Friday

0
     春です。
    とはいえ、まだまだ寒い私たちの地域。
    連日零度を下回り、今朝は庭にうっすら雪が!
    4月だというのに、この寒さで梅もまだ満開ではありません。
    でも、畑を歩いていると、あちらこちらに春の色が。
    たんぽぽの黄色やイヌフグリのやさしい青、オドリコ草の淡いピンク。
    着実に春はやって来ているなぁと実感します。
    小松菜の菜の花。寒さで成長は遅いけれど、甘くておいしい。
    最近わが家の食卓にはこればかり上っているような。
    にんにく。春になってぐんと大きくなりました。
    自家採種した玉ねぎ。
    植え替えしたレタスたち。
    大きくなるにつれて、それぞれの個性がはっきりしてきました。
    全国的にも今年は寒さの厳しい冬でした。温暖化の影響で、気候が極端になっていることが大きく関係しているようです。
    先日の嵐のような天気といい、この季節には考えられないような大雨といい…。
    「何かへんだぞ」というのは、多くの人が感じているところだと思います。
    そんな不安定な天候の中でも、なんとか芽を出して根を張ろうとしている野菜たちを見ると、芽が出たことにほっとすると同時に、大事に大事に育てていきたいと思うのです。
    年々「春らしい」とか「秋らしい」と感じられる時期が短くなっているような気がします。寒かったと思えば、急に真夏日。極端な天候、急激な温度変化は植物にとっては大変なことです。もちろん人間にとっても。春や秋が将来的になくなるのではないか、といっている学者もいます。
    畑にいると、自然がいろいろなサインを送ってきてくれているような気がします。
    野菜を食べてくださっている方にも、ただ野菜をお届けするだけではなく、畑から見える環境の変化やを四季を味わう大切さをお伝えしていきたいですね。
    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL